生産者:デュ・クロ

 
デュ・クロ オーナーは元ソムリエの経歴を持つ、ギャヴィン・クリスフィールド。12歳の時、親戚と行ったレストランで飲ませてもらったワインに魅了され、その時に「これが自分のやりたい事だ」と将来ワインを仕事にすることを決意しました。

18歳になった時、そのレストランへ行き、ソムリエとして働き始め、ソムリエとして活躍しながら、数々のワインを試飲しテイスティング能力を磨きました。一方、1996年、フランスよりも実践的と評価の高いブリントン大学の醸造学部で醸造を学んだギャヴィンは、ブリントン大学から初めての "Higher National Diploma (高等一級技術検定)"の栄誉を受けるなど優秀な成績も修めています。

そして、1998年にワイン造りへの転向のため、フランスへ渡ると、そこで、フランスにワイナリーを持ちたかったイギリス人投資家フレッド・ブラウン氏と出会い、土地選びから任されたギャヴィンは2年間フランス各地を捜し回り、「ラ・ソヴァジョンヌ」と出会ったのです。

経営、栽培・醸造の全てをギャヴィンが取り仕切ると、長い間造り手へ転身の思いを、このソヴァジョンヌで実現させ、ワイン・アドヴォケイトでは、90点のスコアと共に、「ラングドックのワインを下手なボルドー(若しくはナパ)のワインの様だと思っているなら、その偏見を捨てて、是非ともこのワインを飲んで欲しい!」とのコメントをもらうなど、数々のメディアで評価されるほどに品質を飛躍的に向上させました。

そんな彼が、近隣の素晴らしい土壌、ブドウ栽培家の仕事が報われずにいることに我慢ならなくなり、買いブドウからワインを作ることを決心して造り始めたのが、このデュ・クロのワインです。

ブドウ栽培家と一緒に働きながら、ブドウ栽培家の意向を聞き、アドバイスを送るなど、大手のネゴシアンとは全く異なるスタンスでブドウ栽培家と恊働。決してデータに頼らず、ソムリエ時代やラ・ソヴァジョンヌでの培ってきたノウハウや経験、時には勘などを活かしながら、非常に丁寧に造ったこのワインは、高コストパフォーマンス、低価格のお値打ちなワインです。



 

デュ・クロのワイン
デュ・クロ ロッシェ・ド・ヴィエルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ(赤 ミディアムボディ)
LA GRAMIERE 2010

希望小売価格: 1,496円(税込1,616円)
アペラシオン: コトー・デュ・ラングドック
グルナッシュ50%、シラー20%、カリニャン20%、サンソー10%
シラーは新しい台形型木製タンクにて発酵、他品種はセメントタンクにて発酵、2週間の醸し


プラムやダークやレッドチェリーなどの果実やリコリス、ミネラル、スパイスなどのキャラクターを持つ香り。豊かでフレッシュな果実味は、きめ細やかなタンニンときれいに交じり合い、暖かみがあり、しなやかなボディを作り出す。ブドウの美味しさを素直に楽しめるこのワインは、グラスワインにもお薦めの高パフォーマンスな逸品。